売れ筋ユニットバス「レラージュ」

高品質なアクリル人造大理石浴槽の「レラージュ」。
足を伸ばして深々と肩まで浸かれる、“ゆったり全身浴タイプ”です。
FRP浴槽に比べ、光沢のある質感で肌当たりも気持ちよく。硬度も高いので耐久性も抜群です。
また、湯アカやカビが気になる壁面には、“高品質ホーロー壁パネル”が標準装備されているので、毎日のお手入れはシャワーをサッと流すだけでOKと、お掃除カンタン仕様です。

タカラスタンダードのここがいい!

タカラといえば、ホーローです。
「レラージュ」の場合、浴槽素材は人造大理石ですが、壁パネルにホーロークリーンパネルが標準装備されています。
ホーローパネルは、表面がガラスなので汚れがしみこまないため、カビ知らず。
普段の掃除はシャワーを流すだけでOKとお手入れのしやすさとマグネットを使った自由な収納が魅力です。
また、タカラならではのメリットとして、既存の浴室に合わせて2.5cm刻みにサイズオーダーが可能なところや、ユニットバスを支える架台が頑丈な構造で、震度6強の地震に耐える耐震性を兼ね備えているところも支持されています。

こだわり,櫃ぽか・ピカピカ・ぴったりなお風呂

浴室まるごと断熱でお風呂はぽかぽか・ホーローパネルで壁はピカピカ・ぴったりサイズの浴室オーダーOK!とタカラスタンダードならではの特徴が人気の秘密です。

天井・壁・床・浴槽と浴室全体を保湿剤で完全防備しているので、
熱を逃さずいつもぽかぽかのあたたか仕様です。

汚れにくく、お手入れ簡単なホーローパネル。
年数が経っても色あせせず、ずっとピカピカの光沢が続きます。

小さなサイズから大きなサイズまで、最大1,400通りのサイズオーダーが可能。
自分の家にぴったりなお風呂になります。

こだわり見えない部分の頑丈さにこだわってます。

タカラの場合、一般的なボルト脚構造とは異なり、独自のフレーム構造の架台を採用しています。浴室全体を頑丈で支えているので、震度6強の地震にも耐えうることができる強さが備わってます。

ショールームでチェック!アクリル人造大理石浴槽の「 レラージュ

「レラージュ」に使われているアクリル人造大理石は傷がつきにくく、硬度数値は約9H(FRPは約3H)。手触りもなめらかです。

「レラージュ」は肩まで浸かることができる“全身浴タイプ”

※半身浴が楽しめるタイプの「ルーノ」もあります。

1216サイズのレラージュ浴槽

※スタッフの身長は168cm

1616サイズのレラージュ浴槽

ここもすごいんです

床には頑丈な4層構造の磁気タイル
「タフロア」を採用。

  • 熱伝導がよく、お湯をかけるとポカポカに
  • 足ざわりが自然石のようで気持ちいい
  • 滑りにくい凹凸加工
  • 傷が付きにくいので、キレイが長持ち

動画でショールーム体験

ホーロークリーンパネルの凄さを実証

コレが売れている!人気色紹介

浴槽の人気色は、ホワイト系が一番人気。
壁は、一面のみアクセントで色を入れる2色タイプが人気です。
実際にショールームで、よく選ばれている人気のパネル柄を聞いてきました♪
タカラでは、優しい雰囲気のベージュやグレーが特に人気だそうです。

壁パネル 人気色

ブリックベージュ

レンガモチーフのベージュカラー、重圧感とあたたかみを両立。

ブリックグレー

レンガモチーフのライトグレーカラー、静かな印象の中に上質感が漂います。

ウッドベージュ

空間と調和しやすいベージュカラー、ウッド調の繊細な表情が魅力です。

オプション

一番人気のオプションは、タカラならではのマグネット収納の「どこでもラック」です。風呂イスや洗面器を壁面に掛けておくことができるので、水切れもよくフロアがスッキリ。浴室小物の収納にも重宝します。
また、「浴室乾燥暖房機」や手すりになる「安心ハンドバー」もよく選ばれています。

人気のオプション

  • どこでもラック タカラにしかない人気のオプション
    ホーロー壁の好きな場所に小物を収納
    マグネットだから取り外しも自由自在です。

  • 浴室暖房乾燥機 お求め安い100V標準タイプが人気です。

  • 安心ハンドバー 握りやすく手になじむグリップ形状。
    滑りにくいから安心です。

ショールームインタビュー
本日はシステムバスの取材で参りました!どうぞ宜しくお願いします。
タカラさんの場合、浴槽素材がFRP、ステンレス、人造大理石、鋳物ホーローと豊富なラインナップですが、本日はミドルクラスにあたる人造大理石を使ったシステムバスシリーズについて教えていただきたいと思います。
質問者の写真
タカラでは、アクリル人造大理石を使った浴槽タイプが「レラージュ」「ルーノ」の2種類あります。
違いは浴槽形状で、「レラージュ」は肩までつかることができる“全身浴槽タイプ”に対し、「ルーノ」は浴槽内にステップがある“半身浴槽タイプ”です。
浴槽形状の違いとのことですが、最近の傾向としてどちらが人気なんでしょうか?
質問者の写真
そうですね。少し前の半身浴ブームの時は「ルーノ」がよく出ていましたが、最近は全身浴タイプの「レラージュ」の方が人気ですね。
半身浴タイプだと、節水効果も期待できそうだし……うーん。
迷うところですね。
浴槽素材ですが、アクリル人造大理石が中までしっかり詰まっているんですよね。
質問者の写真
弊社の場合、表面だけでなく浴槽の奥までムラなくアクリル人造大理石で作っています。
その為、厚みも9mmあり重厚感を感じていただけると思います。
見た目もツヤツヤだし、触ってみると表面がすごくなめらかですね。
質問者の写真
そうなんです。
FRPの約3倍のなめらかさなので、肌当たりもいいですね。
ツルッとしているので、汚れがついてもすぐに落とすことができ、お手入れもラクなんです。
浴槽だけでなく磁気タイル素材のタフロアや、壁パネルのホーローも、お掃除しやすい点が人気なんですよね。
質問者の写真
はい。床のタフロアは、ペットを飼っていらっしゃる方にも好評なんです。
一般的なFRP素材と違い、表面が頑丈なので、例えばワンちゃんがひっかいたりしても傷がつかないんですよ。
壁もホーローで傷付きにくい素材だし、床も磁気タイルで頑丈。
これなら安心してワンちゃんをお風呂で洗ってあげられますね。
最後に「レラージュ」のここがいい!っていうセールスポイントをお願いします!
質問者の写真
タカラのお風呂は、頑丈で長持ちするオリジナルの工夫が詰まっています。
サイズも自由にお選びいただけますし、毎日のお手入れがカンタンです。ショールームへ来てくださればその理由がおわかりいただけると思います。
タカラさんのショールームでは、アドバイザーさんが木槌や油性マジック、ワイヤーブラシを使って、ホーロー素材のメリットをわかりやすく説明してくださいます。実際その頑丈さを目の当たりにすると、すごく納得できました。
本日は色々とありがとうございました!
こちらもオススメ!「鋳物ホーロー浴槽」

タカラの最高級システムバスが、鋳物ホーロー浴槽を使った「プレデンシアプレミアム」と「プレデンシア」です。
職人の手で作られた極上の素材は、蓄熱性が高く体の芯からしっかり温まり、表面は真珠のような優雅な質感です。
浴槽の重さが100キロ以上と、他にはない重量感があり、入浴した時に安定感や安心感を感じることができます。